バクテー(肉骨茶)の名前の意味は何?発祥の地や臭い・まずいとの感想についても

マレーシア料理のバクテーをご存じですか?

バクテーはマレーシアの屋台料理として食べられ、ソウルフードとも言える料理です。

今回はこのバクテーの名前の意味や発祥の地。臭い・まずいと言われる味についてご紹介したいと思います。




バクテー(肉骨茶)とは

バクテーとはどんな料理なのでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

La France pino(@pinochin_umai)がシェアした投稿

バクテーとは、豚の骨付き肉とさまざまな漢方やにんにく野菜などを煮込んだスープのことです。

骨付きの豚肉を長時間に込んでつくるので、肉は柔らかくなり、油っぽさはなく、さっぱりとした味です。

油条という中国式の揚げパンを切ったものをスープに付けながら食べたり、ごはんにスープをかけて食べたりします。

ごはんにかけると何杯もいけるという人もいますよ!

お茶を飲みながら食べる料理なので、お店でもお茶がセットになって提供されていることが多いようです。

油を分解すると言われている中国茶を飲みながら食べるので、ダイエットの方にも向いている料理。ダイエットしながら栄養も取れ、一石二鳥の料理ですね。

ただ、ごはん・揚げパンの食べすぎには注意してしたほうがよさそうです。

バクテー(肉骨茶)の発祥の地や名前の意味は




バクテーの発祥の地や名前の意味についてご紹介します。

バクテー(肉骨茶)発祥の地

マレーシアのクアラルンプールの隣町にポートクランとい港町がありました。

そこでは、マレーシアが英国の植民地であった頃、中国本土より移民して来た人達が働いていました。

船に毎日荷物を乗せ下ししていた労働者が、朝から元気が出る朝ごはんとして食べられていたのがこの料理の始まりとされています。

今では肉がついた豚肉を使っていますが、昔は解体して残った肉を使って作られていました。

港で働く人々の給料は安く、安い材料で栄養が取れる料理として漢方を加えて作られていたようです。

発祥の地の説には他にもあって、マレーシアでは、漢方医の息子が病弱だったため漢方を使って
食事療法として作られた説もあります。

バクテーの発祥地はシンガポールと主張されることもあり、発祥地をめぐっても論争となっているようです。

バクテー(肉骨茶)の名前の意味は何

バクテーの名前の意味とは何なのでしょうか?

漢字で「肉骨茶」と書き、読み方はパクテーバクテーなどと言われます。

名前の意味や由来も諸説あります。

バクテーはもともとは「肉骨地」と言われていて、ビン南語で「地」と「茶」の音が似ていたので
「肉骨茶」と呼ばれるようになったという説。

他にもお茶と一緒に食べる習慣があることから「肉骨茶」と呼ばれるようになった説。

肉骨を煮込んだスープがお茶の色だったので、「肉骨茶」と呼ばれる説などもありました。

バクテー(肉骨茶)のマレーシアとシンガポールの違い

バクテーの発祥についてはマレーシアとシンガポール論争がるようですが、味の違いはどうなのでしょうか?

マレーシアのバクテーは黒醤油を使いスープが褐色系です。

薬膳が強めの印象なので、薬膳が好きな方にはこちらのほうが好みかもしれません。

一方、シンガポールのバクテーは白っぽいスープで、胡椒がピリピリッと効いているいるのが特徴です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

harusgl2019(@harusgl2019)がシェアした投稿

味の違いはありますが、ファーストフードのように、朝食や昼食など気軽に食べられる料理のようです。

また、マレーシアやシンガポールでは、スーパーや薬局でも肉骨茶の素やティーバッグのものもあり家庭で手軽に作られている料理でもあるようです。

アンケートを取られている方もいました。

マレーシアのクロバクテーが知名度があるのか、シンガポールのより少し人気が高いようですね。

バクテー(肉骨茶)は臭い・まずい?

バクテーは臭い・まずいという意見もあるのでしょうか?

味については好みがあるので人それぞれですが、匂いに関してはにんにくを使っているのでにんにく臭いという意見が多かったですね。

あと、家で作ると家の中が臭くなったなど、匂いは強烈なのは確かなようです。
お店で食べたほうがよさそうですね。(笑)

まずいとう意見はあまりありませんでしたが、薬膳の薬っぽいのが苦手な人はシンガポールのバクテーの方が向いているかもしれません。

まとめ

今回はこのバクテーの名前の意味や発祥の地。臭い・まずいのかについて味の感想をまとめてみました。

バクテーは栄養価も高く、体によさそうな料理でした。

興味のある人は是非お店で食べてみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました