朝ドラおちょやんの幼少期・千代の子役は誰?毎田暖乃の出身・年齢や演技力についても

2020年の朝ドラ後期からスタートする「おちょやん」。

「大阪のお母さん」として親しまれた昭和の女優、浪花千栄子さんをモデルとして、大阪の貧しい家に生まれた少女が、奉公先で芝居に出会い女優を目指すストーリーになっています。

今回の朝ドラヒロインの竹井千代は杉咲花さんが演じますが、物語の第1週目は主人公の千代が極貧により9歳で奉公に出されるまでを描かれ、子役での登場。

今回は、その幼少期の千代を演じる子役についてご紹介したいと思います。



朝ドラおちょやんの幼少期・千代の子役は誰?

朝ドラ「おちょやん」で主人公の千代を演じる子役の年齢やプロフィールをご紹介します。

千代の子役は誰?

「おちょやん」の千代の幼少期を演じるのは毎田暖乃(まいだ のの)ちゃんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

毎田 暖乃(@maida_nono_official)がシェアした投稿

目力のある、可愛い女の子ですね。女優としてのお仕事をしているせいか大人びている印象もあります。

NHKの撮影の合間には編み物に没頭していたり、共演者にコースターを手作りしてプレゼントするなど器用な一面もあるようです。

とても礼儀正しく、とても賢そうな毎田暖乃ちゃん。芦田愛菜ちゃんのように成長してくれるのではないかと思わせる子役です。

千代の生家は養鶏場ということで鶏に慣れに遊びにいったそうですよ。

役作りにも一生懸命なののちゃん、おちょやんでの演技が楽しみですね!

毎田暖乃の出身・年齢やプロフィールについて

生年月日:2011年9月25日
出身地:大阪
身長:125㎝
体重:25㎏
特技:ダンス・鉄棒・縄跳び・デザイン
趣味:作画・野球観戦(広島カープ)
お稽古:ダンス・バレエ・スイミング・歌・英語

事務所のプロフィールはでは、出身地は非公開になっていますが、桜井プロディーサーのコメントで大阪出身とのコメントがあったので、詳しい場所はわかりませんが、大阪出身であることは間違いないようです。

毎田暖乃ちゃんの年齢ですが、2020年11月現在で9歳になります。

主人公の千代は9歳で奉公に出されたということなので、実年齢と同じ年齢の役を演じるようですね。

特技が鉄棒や縄跳びなど運動能力も高いことがうかがえますし、女の子が野球観戦が好きとはお父さんか誰かの影響でしょうか?

運動だけでなく、絵を描くことも好きなようですし、なんでもできちゃう器用な子供のようです。

またお稽古事もたくさんしていて、日頃から演技を見に行くなど、勉強熱心であるようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

毎田 暖乃(@maida_nono_official)がシェアした投稿

インスタでは歌舞伎を見に行った写真がアップされていました。9歳で歌舞伎とは、すごいですね!普通の9歳の子なら興味を持てそうにないジャンルですが、学ぼうとする姿勢が素晴らしいです。

その後ムーミン展に行ったとのこと。子供らしさもあっていいですね。

毎田暖乃の出演作品や演技力




毎田暖乃ちゃんの出演作品や演技力についてご紹介します。

出演作品

2019年
朝ドラ「スカーレット」

大島優子演じる熊谷照子の長女の雪子役で出演。

写真の1地左にいる青いリボンをつけている女の子がののちゃんです。

2019年「フジランドセル」のCMにも出演していたようです。

CM動画はこちら!

ブルーのランドセルの女の子がののちゃんです。

2020年
「おちょやん」主人公千代の幼少期役

出演作品はまだ少ないですが、とても勉強熱心な女の子なので、今後活躍して行ってくれそうで、テレビで見る機会も増えそうです!

毎田暖乃の演技力

毎田暖乃ちゃんの演技力はどうなのでしょうか?


「おちょやん」のオーディションは大阪で行われ、約500人の中から選ばれています。

チーフ・プロデューサーの桜井壮一氏のコメントでは、

毎田暖乃の演技を「お芝居が抜きんでている。この子しかいないと、全員一致でした」と激賞した。
ちゃんと相手のお芝居を見て自分の演技ができる子はなかなかいない。全然違う

日刊 スポーツより

おちょやんでは「おんどりゃー」などの河内の方言を使うようですが、オーバーな演技ではなく、河内のニュアンスを含めての演技していてすごいと高く評価されているようです。

スカーレット出演の際の評価でも、他の子役とはレベルが違うという評価も目にしました。

その演技力の高さは間違いないようですね。千代の幼少期をどう演じてくれるのか、またののちゃんの河内弁での演技もとても楽しみです。

まとめ

朝ドラ「おちょやん」の主人公千代の幼少期を演じる子役・毎田暖乃ちゃんについて調べてみました。

出演作品は少ないものの、その実力は確かなようですね。

「おちょやん」での演技はもちろん、これからの作品にも注目したい子役でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました