中冨杏子(Zoom女優)のプロフィールや経歴は?演技力の評価や出演作品についても

エンタメ

今は新型コロナウイルスの感染拡大で自粛生活が続き、演劇界も大きな打撃を受けています。

そんな中、オンラインを使った様々な試みがなされていますね。

今回話題になっているのが、オンラインを使った演劇!「オンラインノミ」

「オンラインノミ」の次回作「オンラインノミ2」や主演を務めた中冨杏子さんのプロフィールや経歴・出演作品などについて調べてみました!

中冨杏子さんのプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

なかとみあんこ(@mochi.mochi.anko)がシェアした投稿

・名前・・・中冨 杏子(なかとみ あんこ)
・生年月日・・1993年11月5日 (26歳)
・出身地・・福岡県
・身長・・・154㎝
・趣味/特技・・・ ダンス・剣道・ボクシング・ゴルフ

本名は久冨杏子さん。

7歳から舞台に出演、18歳で福岡より上京し8年目、芸能生活は約20年になる女優さんです。

初めて聞くお名前で、出演されている作品も多くはなく、今はまだ目標に向かって頑張っている女優さんって感じでしょうか?

フェイスブックに、ニパチ春日原店、アート福岡南支店、アート港支店との表記があったので、
お勤めの経験もあるのかもしません。

2010年頃、福岡で「WORLD  ZERO」というアイドル4人組のユニットで活動されていたことも

あるようです。

中富杏子さんの演技力の評価や出演作品

演技力の評価

中冨杏子さんはこの「オンラインノミ」の作品で、話題になっています。

新しいZoomによる演劇というのもありますが、マスコミにも取り上げられるだけ、その演技力は高いと推察できます。

7歳から舞台に立ち、20年役者を続け数々の経験があるので、そこは間違いなく評価できるレベルでしょうね。

出演作品

・映画 

ハードロマンチッカー

・ドラマ

FBS24時間テレビドラマ『瞳スーパーデラックス』
KBCドラマスペシャル『ゆりかご』

・ラジオ

RKBラジオドラマ
『ぼうぶら甚内』

・CM

下関海響館
アリコジャパン
緑健農園
いしむら萬成堂
info宝くじ

・舞台

博多座 『市川海老蔵襲名披露』

博多座 『マリーアントワネット』

博多座 『藤山直美特別公演』

博多座 『NINAGAWA十二夜』

ミュージカル 『母を訪ねて三千里』

ミュージカル 『赤毛のアン』

CMやドラマにも出られていた女優さんだったんですね。

私たちもどこかで見かけたことがある女優さんかもしれません。

「オンラインノミ」の評判

「オンラインノミ」の評判は?

ネットでは「Zoom女優」として話題になっていますが、その評判はどうなんでしょうか?

ツイッターでのコメントをご紹介します。

Zoomによる演劇もなかなか好評のようです。

自前の衣装や、実際の部屋が舞台というのもおもしろい!

アドリブも毎回違って、何度も見たいという感想もありましたよ。

中冨杏子さんの感想

彼女はこの作品がさまざまなマスコミに取り上げてもらい、こんなツイートをしています。

20年頑張ってきた彼女のコメントがこちら

「学生時代の友達や先生に舞台を見てもらえた。東京に来て8年。ずっとやってきたものを見てもらえる環境が整った。PC、スマホ1台あれば見られる。そこは本当にうれしかった」

この作品で応援してくれていた周りの方々に見てもらえてよかったですね。

この作品でブレイクして、オンラインだけでなくまたさらに活躍の場を広げていってほしいと思います。

まとめ

コロナの影響で生まれた、zoomによる新しい演劇の形ですね。

またその新しい環境を生かして、活躍の場を増やす役者さんたち。

これからもそういった新しい俳優さんたちが現れてくるかもしれませんね。

今後の中冨杏子さんの活躍も楽しみにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました