パラサイト半地下の家族は面白くない?つまらなかった等の感想についても

2019年に公開された韓国のブラックコメディスリラー映画の「パラサイト 半地下の家族」

半地下に住む貧しい家のキム家の人々が、金持ちであるパク家にパラサイトすることで、さまざまな予期せぬ事態に発展していく物語です。

ポン・ジュノ監督の作品でアカデミー賞やカンヌパルムドール受賞を獲得して話題なりましたね。

様々な賞を受賞したすばらしい作品なのですが、一方で面白くなかったやつまらなかったという人もいるようです。

今回は面白くなかったやつまらないと感じた理由についてご紹介したいと思います。




パラサイト半地下の家族は面白くない?

パラサイトの半地下の家族が面白くなかったという理由は何のでしょうか?

キャラクターに疑問

貧乏人で半地下の家族でありながら、大学に行っていたり、また器用で頭もよい設定などもどうかなと思う点や、最後のパラサイト家族の息子の「夢」にも?が浮かびます。

地下室にいた男が、金持ちの社長をリスペクトしているという設定などにも疑問が残り、登場人物について理解できない点も多くあったようです。

どの人物にも共感できないというのも一つの理由のようです。

展開が読めてストーリーが暗い

貧困社会をテーマにしたこの映画は前半貧乏人が富裕層にパラサイトしていく過程が描かれています。

貧乏人が富裕層の家族に雇われていくという展開は面白くもありますが、何だか先が読めてしまい面白くないといった感想も。

また格差社会をテーマにしているため、その表現の仕方が暗く、格差社会の問題提起というよりはただただ後味が悪い終わり方だったかもしれません。

見終わったらモヤモヤした気持ちになったという人も多くいました。

後半が面白くない?

貧乏なキム家の家族が金持ちをうまくだまし、家族全員がパク家で働きだすという引き込まれるような展開まではよかったと思います。

コミカルな部分が多く見ていて面白く楽しめる部分でした。

ですが、元家政婦が雨の中パク家を訪れ、「忘れ物を取りにきたので家に入れて欲しい」というシーン辺りから、ストーリーが急展開します。

後半部分が殴り合ったり、感情のまま刺してしまったりと展開ががらりとサスペンスに変わり
その描写も怖いです。

ホラー感が満載で前半の流れからして一変してしまいます。

何も共感できず、おぞましい殺人劇を見させられて終わってしまったという感想も。

格差社会にについて表現したかったのだと思うのですが、最初と最後のテイストが違いすぎ
面白くなった人もいたようです。

ソファーのシーンがエロすぎて苦手

パク夫妻のソファーでのからみが、流れや周りの環境、行為に及ぶ手つきなど、ラブシーンが濃厚すぎて苦手な人もいるようです。

PG12に指定されていますが、小学生以上であってもあのシーンは親としては見せたくなくないくらいエロ過ぎるシーンでした。

家族やカップルで行っても気まずくなるシーンだったと思います。

それほどでもなかった

アカデミー作品賞とカンヌの最高賞を同時に受賞した作品と言えば、それは期待して見てしまいますよね。

どんな作品でも周りから見たほうがいいよ!と言われて見てみると、意外とそうでもなかったりします。

そんな過度な期待をしてみた人がそれほどでもなかったという感想を持っているようです。

確かに上記のような理由もあってだと思いますが・・・

映画は前評判はほどほどに聞いて見たほうがいいかもしれません。(笑)

つまらなかった等の感想




ツイッター上の感想をご紹介します。

たくさんの賞を受賞しているこの作品は、評価される部分もたくさんあると思います。

ですが、韓国人や日本人の映画に対する好みの違い、監督が表現したいものによってその作品に対する受け取り方は様々ですね。

「万引き家族」と比較されやすいこの作品は、家族愛などが好きな日本人にとっては見終わったあとに虚無感だけが残り、つまらないと思った人も多かったようです。

まとめ

「パラサイト半地下の家族」は様々な賞を受賞した作品というもあり、みなさん期待して見ていましたね。

期待していたがゆえに、面白くなかったやつまらなかったという感想を持った人も多くいたようです。前半部分が面白かっただけに、納得のいかない結末だった思った人もいたようですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました