サザエさんのタラちゃん語は?良く使う言葉や好きな食べ物についても

アニメ

日本の国民的ご長寿番組の「サザエさん」。

長谷川町子さんの作品で、主人公のサザエさんを中心にいろいろな物語が展開します。

サザエさんやその他のキャラクターも穏やかで何だかほのぼのとしていていいですよね。

その中でも癒しのキャラターのタラちゃん。今回はタラちゃんのよく使う言葉や好きな食べ物などタラちゃんついてご紹介したいと思います。




サザエさんのタラちゃんとは

サザエさんのタラちゃんとはどんなキャラクターでしょうか?

タラちゃんはサザエさんとマスオさんの子供はご存じの人も多いと思いますが、知っているようで知らないタラちゃんの情報をご紹介します。

タラちゃんの生年月日・年齢は?

タラちゃんの生年月日や年齢はいくつなのでしょうか?

タラちゃんの生年月日は1947年3月18日の2歳になっています。

2021年だと74歳ですね。(笑)

アニメでは3歳の設定のようです。

カツオとワカメはお母さんであるサザエの弟と妹なので、タラちゃんの伯父叔母にあたりますが、歳が近いので「カツオお兄ちゃん」、「ワカメお姉ちゃん」と呼んでいるようです。

ちなみに、他の家族の年齢はというと・・・

・磯野波平 :54歳
・磯野フネ :52歳
・磯野カツオ :11歳
・磯野ワカメ :9歳
・フグ田サザエ:24歳
・フグ田マスオ:28歳
・フグ田タラオ:3歳 

カツオとは8歳差やワカメとは6歳差なので兄弟でもおかしくない年齢ですね。

ちなみにサザエさんとカツオは11歳差、ワカメとは15歳差になります。

お母さんのフネが28歳、41歳、43歳の時の子供ということになります。

現在では結構な高齢出産ですよね。昔の兄弟が多い時代は45歳くらいまで産んでいたので、昭和の頃でいうと普通なのかもしれません。

浪平とフネが以外と年齢が若いのにびっくりしました。(笑)

タラちゃんの性別は?

タラちゃんの性別ですが、もちろんアニメではタラちゃんは男の子として描かれていますが、実はもともとは女の子という設定だったようです。

公式情報として「タラちゃん」という女の子として発表されていたようです。

確かに「タラちゃん」という名前は女の子でいけなくもない名前ではあります。

当初の設定では女の子だったようですが、本編では男の子として登場したようで、
どうして変わったのは謎です。

作者の長谷川町子先生がが変更したのか、設定上男のほうがよかったのか・・・

しかし、もともとは女の子の設定だったとは驚きですね。

しかも、タラちゃんには公式設定ではヒトデという名の妹もいたようで、アニメとはかなり違うようです。

タラちゃんがよく使う言葉・タラちゃん語とは?




タラちゃんと言えば、話し言葉が可愛く癒されますよね。

タラちゃんがよく使う言葉とはどのようなものがあるのでしょうか?

タラちゃんと言えば、語尾に「~デスぅ」がつく言葉ですよね。タラちゃん語をいくつかご紹介します・

・「ありがとうデス」
・「わかったデスぅ」
・「ぼくがやるデスぅ」
・「ママが言ったデスぅ」
・「行ってくるデスぅ」
・「おかえりなさいデスぅ」
・「タマはご飯を食べたデスか」

3歳のタラちゃんなので、おしゃべりも結構上手です。

語尾に「~デスぅ」とつければ、タラちゃん語に聞こえますね。モノマネをする際は「~デスぅ」をつけてみればよさそうです。

タラちゃんの好きな食べ物は?

タラちゃんの好きな食べ物はエビフライ・唐揚げ・コロッケなどのようです。

子供のが好きそうな食べ物ですよね。

ちなみにご飯を食べる時は、好きなおかずは最後に残して食べるタイプのようです。

『祝!50周年イヤー突入 サザエさんお正月スペシャル』『磯野家の開運旅行〜秩父を行く』秩父シリーズ1では、埼玉県秩父市の名物、わらじカツ丼を完食したタラちゃん。

結構なボリュームですが、3歳ながら量は大人並みに食べれるようですね(笑)

うな重も一人前ペロリ。

磯野家の食事シーンもチェックしてみてくださいね。

まとめ

癒しのキャラタラちゃんのよく使う言葉や好きな食べ物などタラちゃんについてご紹介しました。

タラちゃんの使う言葉は独特な幼児語でかわいらしいですし、時には大人の私たちを笑わせてくれる癒しキャラです。

これからどんなタラちゃん語が出てくるのかも登場も楽しみにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました