半径5メートル ロケ地はどこ?キャストや主題歌についても

4月30日からNHKのドラマ10の新番組「半径5メートル」がスタートします。

女性編集社の若手記者と型破りなベテラン記者バディを組んで、身近にある女性たちの「もやもや」から人生の機微と時代に迫るドラマになっています。

今回はこの「半径5メートル」のロケ地やキャスト・主題歌についてご紹介したいと思います。



半径5メートルのあらすじ

週刊「女性ライフ」の編集者の風未香(芳根京子)はある若手芸能人の恋愛スクープを追っていました。

大きなスクープをとれるはずだったのですが、風未香の失敗でそのスクープを取り逃がしてしまいます。

風未香はその責任をとらされ、読者の「半径5メートル」の話題を掘り下げる「二折(におり)」班に異動することに。

そこで、名物記者・宝子(永作博美)と出会い、宝子を組んで取材をすることになります。

2人は取材を通して、「どうして一人で育児をしているのだろう。」「どうして知らないおじさんに説教されているんだろう。」というような、女性たちが日々感じている違和感や生きづらさについて記事にしていきます。

風未香は宝子に振り回されながら、宝子のひと味違った考え方や視点からから見えてくるものに次第に気が付き、成長していくというストーリーになっています。

キャストや主題歌について




半径5メートルのキャストや主題歌をご紹介したいと思います。

キャスト

前田風未香役(芳根京子)

 

この投稿をInstagramで見る

 

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

週刊「女性ライフ」の若手編集者で芸能スクープを追いかける「1折」班にたが、スクープを取り逃すとという失敗を犯し、「2折」班に異動になってしまう。
そこで亀山宝子とコンビを組み、刺激をうけることに。テンパると口が悪くなる性格でもある。

亀山宝子(永作博美)

 

この投稿をInstagramで見る

 

安野 ともこ(@yasunotomoko)がシェアした投稿

「女性ライフ」2折班でベテランフリー名物記者。宝子の担当する「さすらいのオバハンライター」コーナーが人気。

ひと味違う独特の視点とアプローチで風未香に刺激を与える存在。
手首の赤いミサンガにをしており、過去に何か秘密を持っている。

山辺晃人(毎熊克哉)

 

この投稿をInstagramで見る

 

毎熊克哉(@kmaiguma)がシェアした投稿

「女性ライフ」1折班のフリーの記者で 人の懐にするっと入っていくのがうまい。
風未香は山辺の顔がタイプ。

大沼亜希(真飛聖)

 

この投稿をInstagramで見る

 

真飛 聖(@sei_matobu)がシェアした投稿

「女性ライフ」編集長。息子がいる。
仕事に対しては厳しいが、部下たちを見守っている存在。

丸山洋平 (尾美としのり)

「女性ライフ」2折班のデスク。 子どもたちは独立し、妻と二人暮らし。趣味がコーヒーでいつも班員たちに振る舞っている。

藤川ますみ(山田真歩)

「女性ライフ」2折班の編集者。 夫は単身赴任で小学生の娘がいる。
川柳と和物が好き。発言は辛口なことが多い。

海老原香織(北村有起哉)

「女性ライフ」2折班の編集者。 7年前に妻と離婚。娘が一人いる。
知的でエレガントなトランスジェンダー女性。

主題歌

主題歌については公表されていませんが、音楽を担当されているのは、田中拓人さんです。

挿入歌は作詞:三島有紀子 作曲:田中拓人「5meters」という楽曲が使われているようなので、そちらも楽しみにしたいと思います。

半径5メートル ロケ地はどこ?

半径5メートルで使われているロケ地はどこなのでしょうか?

半径5メートルで使われているロケ地はまだはっきりわかりませんが、第一話ではバッティングセンターや田舎で撮影されたシーンが使われているようです。こちらはわかり次第ご紹介したいと思います。

芳根京子さんの撮影の合間の写真を見つけたのでご紹介したいと思います。

こちらは風未香が勤めている会社の前のようです。

叡傳社(えいでんしゃ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

こちらも叡傳社(えいでんしゃ)の入り口でしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

ドラマ内で登場するシーンだと思うので楽しみにしたいと思います。

宝子が自転車で上っていた坂道

富士見坂

住所:東京都文京区

宝子が必死に自転車で坂を上っていた場所は東京都文京区目白台にある「富士見坂」です。

Y路地に分かれている坂道が珍しく、ロケ地としても有名な坂道です。

松坂桃李主演のドラマ「あのときキスしておけば」でも使われていたロケ地のようです。

バッティングセンター

大塚バッティングセンター

住所:東京都豊島区南大塚1丁目52−4 大塚レジャービル

風未香・宝子・友里が3人で行ったバッティングセンターは東京都豊島区にある大塚バッティングセンターのようです。

「乃木坂どこへ」「絶対零度」などでも使われたバッティングセンター。

バッティングセンターのロケといえば、歌舞伎町にある新宿バッティングセンターか大塚バッティングセンターと言われるほどのバッティングセンターロケの聖地のようです。

レイジとの待ち合わせ場所

新宮橋

出張ホストの潜入取材で風未香がレイジとの待ち合わせ場所になっていたのは、原宿駅東口を出たところにある新宮橋です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Narinari(@narimaimai0107)がシェアした投稿

神宮橋は原宿駅と明治神宮をつなぐ橋で、明治神宮が創建された大正9年に作られいます。
老朽化により昭和57年に再架橋された橋のようです。

レイジと行ったカフェ

原宿駅の近くにあるAux Bacchanales(オーバカナル)CAFE です。

住所:東京都渋谷区神宮前1丁目14−30 WITH HARAJUKU 3F

 

この投稿をInstagramで見る

 

しっちー(@sitchii)がシェアした投稿

原宿駅越しに明治神宮の森が眺められるテラス席もあり、とてもおしゃれなお店です。
東京都内に5店舗、その他にも横浜・京都・梅田・博多店などあるようです。

レイジと行った図書館

風未香とレイジがデートで使った図書館は角川武蔵野ミュージアムです。

住所:埼玉県所沢市東所沢和田 3-31-3

こちらの建物は、建築家の隈研吾さんによるもので、国立競技場や、高輪ゲートウェイ駅、京都の新風館など話題のスポットを設計しています。

2020年の紅白で「YOASOBI」が出演時に使われた有名な場所でもあります。

レイジと歩いた商店街

風未香がレイジと居酒屋に行った帰りに歩いた商店街は谷中銀座です。

住所:東京都台東区谷中3丁目13−1

こちらは、いろいろなドラマでも撮影場所として使われている場所ですね。

また新たな情報がわかり次第ご紹介したいと思います。

まとめ

今回はこの「半径5メートル」のロケ地やキャスト・主題歌についてご紹介しました。

新米記者役の芳根京子さんとベテラン記者の永作博美さんとのコンビや「二折(におり)」班のメンバーとのやり取りが見ものです!

さらにそれぞれの事件がどう展開し、何が見えてくるのかについても楽しみなドラマですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました